陰陽道 陰陽會

安倍晴明公の方術が今ここに蘇る!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ⅰ神葬祭前儀  (2)納棺の儀

納棺の儀は、慎んで故人のご遺体を棺に納める儀式です。

喪主以下家族・親族が殯室に集まり、ご遺体を沐浴(湯水で体を清める事)させ、髪を整え、新しい衣服に改め(一般的には白木綿の小袖)、顔を白布で覆い、褥(しとね・敷物)を敷いた棺の中に納め、礼服その他故人が生前に愛用した様々な品物を共に棺の中に納めた後に蓋をしてその上を白布で覆います。

ご遺体を棺に納める前に、神職が先ず棺を祓い、納棺祭詞を奏上した後、ご遺体を入棺致します。

納棺が終わると棺を正寝(表座敷)に移し、柩前に遺影や勲章その他故人を顕彰した品々を飾り、常饌(じょうせん)あるいは生饌(せいせん・調理していない神饌)をお供えし、喪主以下一同が拝礼して、発柩するまでの間喪主以下家族・親族らが交代しながら柩の傍近くに控えます。

尚、神葬祭に於ける拝礼は忌明けの祓いまでの間、全ての祭儀で忍び手(音を立てない柏手)にて拝礼します。

※葬祭場にて納棺の儀を執り行うケースもあります。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。