陰陽道 陰陽會

安倍晴明公の方術が今ここに蘇る!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰陽五行説

陰陽五行説とは陰陽説と五行説という二つの哲学的な思想が合体したものです。


陰陽説


陰陽

 陰陽説とは、世界を対立する二元「陰陽」に還元し、森羅万象の状態を「陰陽」であらわそうとする理論です。

陰陽は相対的な相を示す概念であり、陽は陰を含み、陰は陽を含んでいます。

万物は、ある状況下では陽と現れるが、同じものであっても違う状況のもとでは陰と現れます。つまり、陰陽は、絶対的なものではなく、時と所に従って、反対物へと転化することもありうるのです。

「陰」と「陽」は対立する二元であるが、敵対するものではなく、宇宙の根源的実在である太極(たいきょく)によって統合されており、両者の交合によって万物が生まれます。

また両者は、たがいに引きあい補いあい、一方が進むと一方が退き、一方の動きが極点にまで達すると他の一方に位置をゆずって、循環と交代を無限にくりかえすと云うものです。

 

五行説

「木・火・土・金・水」の五元素によって自然現象や人事現象の一切を解釈し説明しようとする思想を五行説と言います。

即ち、あらゆる自然現象や人事を範疇毎に五つに整理し、それぞれが五行のいずれかに帰属するとみなす理論です。

 

「五行相克(そうこく)説」



五行相克



五行同士の関係を闘争の相のもとに見ようとする理論です。

のように循環し、

木は土中の滋養を奪い「木剋土(もっこくど)

土は水流を封殺し「土剋水(どこくすい)

水は火に勝り「水剋火(すいこくか)

火 は金属を溶かし「火剋金(かこくごん)

斧は木を倒す「金剋木(ごんこくもく)」というように読みます。

「五行相生(そうしょう)説」


五行相生


木  火  土  金  水  木
というように循環し

木は摩擦により火を生じ「木生火(もくしょうか)

火は灰(土気)を生む「火生土(かしょうど)

土は金属を埋蔵し「土生金(どしょうごん)

金属は表面に水気を生じ「金生水(ごんしょうすい)

水は木を育む「水生木(すいしょうもく)」と読みます。


陰陽道とは以上のような宇宙の法則や陰陽五行説を基にして、宇宙を貫く普遍の原理により、様々な自然現象や人事現象の意味と動きを解読する思想と技術の全体を指すものであります。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。